失敗を晒します。

ひょんな思い付きで自らの失敗を全世界に晒す結論に至りました。

2017/04/06 言葉を並べたって変われない

いやあ前回の記事読み返したけど

「こいつ言葉並べれば世界が変わるとでも思ってんじゃね?」

いい言葉にできるだけ多く触れていたいし出会いたい気持ちは変わらないけど

意識改革って、言葉だけで簡単に変われるほどやさしい奴じゃないことにぱっと気が付いた。口だけの人間っているけど、まあ受験時代の私なんですけど、結果がこれですよね。いい言葉を自分に言い聞かせた数が多い奴が合格するわけじゃない。そんな言葉を並べている時間すらもったいないほど受験はシビアだし、社会は甘くない。いい歌詞の曲だってごまんとある。受験に向けた歌詞だってそうだが、その曲をきいた回数が多いやつが合格するわけじゃないしむしろすぐに挫折して逃げ込んでずっと聴いていたやつが落ちる。そう考えればきれいごとを並べる時間は無駄に思えてきたし、そんなの並べている間に洗濯をしろと言いたい。そうか、自己啓発本を読む必要がないというのはこういうことやったんや。考えが180度変わった。そんなのを読んで流されるのがいやだという姉が理解できなかった。姉は姉だし、私は好きでいろんな人の考えに出会えるのが好きだから自己啓発本に意義があると線引き意をひいて、姉は姉と分けて考えていて一生変わることがないとおもったけれど、そうだな、そういうことだったんだな。この考えに至ったのは記事を書き始めてからだから、ブログを書くことは今はまだ意義があると思っていますので、続けていこうと思っています。

 

そうそう、地元の本屋で1冊読んだ本があるんだけど、人は変われないのではない。変わらない決断を自分でしただけだ。という一説が記憶にある。人ってなかなか変われないよ。今まで積み上げてきたものとか習慣を変えようとしたってそれが楽だったり好きだったり、それに自分らしさを感じたりして、変わらない決断をしがちだよね。つべこべ考える前に行動しろ、か。これが今日得た収穫。いろんなことを言い訳にして選択肢から外しがちだけど、変わることを自分で許そう。常識にとらわれず生きることを許そう。

 

今日興味深い先生の話を聞いたんだけど、人の目を気にしたりして例えば就職など決断したとして、大企業や公務員になっても、しんどいし心に負荷がかかる。目標を作り、そこまで実力をあげるとたどり着いたときは幸せどころか身体的、精神的に負荷がかかる。ああ人の目を気にしたり安心させてあげたいからという目標は自分に負荷がかかるんだなと思った。そして、その負荷を両親にさせてしまっているのかと考えたら心が苦しくなった。リラックスした状態が一番力を発揮できるのだから体にも心にも負荷をかけない状態で自分のペースで枠にとらわれず、ルールに縛られず生きることが現代では必要ではないか、というお話はまさにそうだなって思った。リラックスした状態が一番いいというのは本当にそうで、特に独学で楽器している人なんかhそうじゃないかな。いつも一人で負荷なくリラックスした状態で弾いているから近くに人がいるとわかると暗譜したはずなのに飛んだり、親によく弾けたと思われたい欲が軽いパニック状態を引き起こしてまったく弾けなくなる。これはいつも思うけど本当に不思議だなあと思う。あと、授業中に寝るのは一方的なインプットもあるけど自分が必要ないと判断したからなんだって。先生とかの問題ではなくて。あーそれも興味深いなと思った。もう義務教育じゃないんだし、必修以外は本当に興味のあるものだけ選ぼうと思った。やっぱりそう考えると私は人の目が気になるタイプだから家にいる時間が本当にリラックスしているし、誰もいないからなんでも打ち込めるなあと思った。

 

あと昨日電話をしたんだけど、楽しかったけどやっぱり東京に来たのは一人で頑張るためだから、友達と連絡とるのはたまにでいいなあと思った。お人よしだからLINE返してしまうし、やっぱり人恋しくなる時ももちろんあるけど、昨日は無駄にしたなあと後悔した。楽しかったし、うれしかったんだけどね。