失敗を晒します。

ひょんな思い付きで自らの失敗を全世界に晒す結論に至りました。

2017/6/18

1、受験から解き放たれて3か月

 

なんとなく東京に行きたくて東京に行けばなにかが変わると思っていた。成長したいと思っていた。今考えてみればただの逃げだったのかもしれない。知人や家族に失敗する姿を見せたくなかった。挑戦し打ち砕かれる姿を誰にも見られたくなかったのだ。

 

2、ほしかったものが手に入った

 

自分の部屋、きれいな部屋、カメラ、いいレンズ、パソコン、編集ソフト、3か月前にほしかったものは全部手元にあるはずなのに何も手に付けていない。

 

3、失敗したいと言いつつ失敗した瞬間逃げた

 

いきなり派遣バイトに登録し、社会に踏み入れた瞬間その厳しさに打たれ逃げたのだ。

 

 

 

結局思い描く理想の自分なんてそう簡単に作れるわけもなく、最悪な日々を過ごしている。空っぽな人生を過ごしてる。