失敗を晒します。

ひょんな思い付きで自らの失敗を全世界に晒す結論に至りました。

なるほど

  1. プログラミングを勉強し、プログラミングスキルを身に付ける
  2. プログラミングスキルを使って、開発を最後までやり切る経験をする
  3. 企業の業務やシステムについて理解する
  4. 企業の開発に実際に参加する

 

例えば、Webサイトを制作するなら、サイトを公開して他人に見てもらうのがゴールでしょう。アプリを開発するなら、GooglePlayStoreやAppStoreにアップロードし、不特定のユーザーに使ってもらうのがゴールかもしれません。あるいは自分向けのアプリやシステムだったとしたら、自分で使ってみるというところがゴールになるでしょう。

 

 

初心者におすすめはWebサイトやゲームアプリです。Webサイトは普段自分がよく見るサイトなどの見た目だけをそっくり真似するようなサイトが良いでしょう。見た目だけ同じ物であれば、HTMLやCSSといった基本的な言語で作ることができます。

jeek.jp